Recovering Beauty Cosmetics

コスメのパレットを初購入【初めてでも使いやすい】

画期的なお化粧方法

肌に合った色を作れる

女性

エアブラシメイクは今までに無い画期的なお化粧方法として、海外で大人気となっており、国内でも徐々に認知度が上がってきています。
液状のファンデーションを機械の力で霧状にし、肌に吹き付けるという感覚でお化粧していくのがエアブラシメイクの特徴です。
ハンドピースという道具についているカップ部分に液状のファンデーションを入れ、レバーを引くだけでミスト状のファンデーションが出てくる仕組みとなっています。
ファンデーションといってもカラーは豊富で、ベースメイクに使用できる肌色のものからブラウンやグリーン、ピンクなどポイントメイクに使用できるファンデーションも販売されています。
カラー展開が豊富という事もありエアブラシメイクは、自分の肌の色に合ったベースメイクが出来るという点もメリットです。
通常のファンデーションでメイクをした際、ファンデーションが濃い、また明るすぎてしまい自分の肌から浮いてしまうというケースも少なくありません。
自分の肌色に合った市販のファンデーションを探し出すのは、至難の業という事もあり多くの方がベースメイクに悩みを抱えています。
エアブラシメイクで使用するファンデーションは、かなり緩い液状となっておりブレンドする事によって自分の肌にピッタリなカラーを作れるのです。
ブレンドするのも簡単でカップの中に液状のファンデーションを入れて、軽くレバーを引くだけでオリジナルのファンデーションを作れます。
繊細なカラーのファンデーションを自分で作れるという点は、エアブラシメイクの大きなメリットと言えるでしょう。

プロのような仕上がりです

ファンデーション

エアブラシメイクとは、通常のパフやコットンなどを使用して顔に塗る方法とは異なり、霧状に吹きかけることで色付けを行う新しいメイク方法です。
使用方法は少しのコツさえ習得できれば意外に簡単で、慣れると忙しい朝の時間帯にメイクにかかる時間を短縮することが出来ます。
また通常のメイク方法と比べて、薄付きでムラのない自然な仕上がりになりますが、きっちりカバーしてくれますので、ナチュラルメイク派の方にお勧めです。
お肌に直接触れず負担をかけずにメイクすることが出来るので、敏感肌の場合も使用できます。
通常ファンデーションの前に使用する化粧水とベースミルクも、エアブラシでミスト状の極小粒子にして吹きかけることで、浸透力が高まります。
潤いを与えて、ファンデーションの持ちを良くして、崩れにくくしてくれる他、お肌のコンディションを整えてきめ細かな素肌を保つことが出来ます。
エアブラシを使い続けることで、リフトアップなどアンチエイジングの効果も期待できます。
また、ファンデーションだけでなく、チークやアイカラー、ハイライトまでもエアブラシを使用することが出来ます。
手で塗るより、簡単で立体的なメイクが可能になります。
エアブラシはプロのメイクの現場としても使用されている本格的なアイテムですが、もちろん日常用としても使用できます。
無料体験会やエアブラシの使用方法を習得できるセミナーなども開催されていることもありますので、購入前に一度試してみると良いででしょう。

驚きのテクニックとは

化粧品

ファンデーションをむらなく塗るというのは意外と難しいもの。
その悩みを解消してくれるのが「エアブラシメイク」です。
エアブラシメイクとは、エアブラシを使ってリキッドファンデーションを顔に吹き付けるというメイク方法。
ハリウッドの映画撮影現場で行われていたのが一般にも広がり、近年日本にも上陸して注目を集めています。
リキッドファンデーションは従来手やスポンジを使ってのばすのが一般的でしたが、エアブラシを使用するとファンデーションが細かなミスト状になり、むらなくきれいに塗ることができます。
厚塗りにもなりにくいため、気になる部分をカバーしながらナチュラルで均一な仕上がりに。
いかにもお化粧しています、というメイクではなく自然な感じに仕上げたいという人の間で特に人気となっています。
最近ではチークやアイシャドウもエアブラシで使えるリキッドタイプのものが登場。
ふんわり自然な仕上がりで上気したような頬を作りたいときや、まぶたの色のグラデーションをきれいにつけたいといったときにはエアブラシメイクがぴったりです。
メイクに使用するエアブラシはイラストなどで使われる普通のものでも構いませんが、メイク専用と銘打って販売されているものもあります。
エアブラシ初心者でも使いやすいように設計されているので、エアブラシの使用経験がない人、メイクのみに使用するという人は専用のものを選ぶとよいでしょう。
また、リキッドファンデーションもエアブラシ専用のものが開発されているのでそちらがおすすめです。